変な物を買わないように

周りのアドバイスを参考にする

出産内祝いを送ろうと思う方は多いと思います。出産後に決める方もいれば、出産前の落ち着いている時期にある程度、決めてしまう方もおられると思います。決める際には、たいていの方が、自分だったらこれが欲しいなとか、もらったら嬉しいなという基準で選ばれるようです。しかし、受け取り側としたら、それが時には要らないとか、感情がざわつくことさえあることを覚えておくべきだと思います。
特に、子供の名前の入ったものは、配慮がいると思います。出産後の夫婦、特に女性のメンタルは普通ではないです。ホルモンのバランスも乱れますし、何より育児に翻弄されています。相手のことを考えては要るのですが、ややテンションの高めな商品を選ぶ夫婦も多いようです。名前入りのものなど、もらった人としては、どう使っていいのやらという感じです。
食べ物に名前が付いていたとしても、複雑な感情を抱かせかねないことを覚えておくべきです。赤ちゃんが生まれたことが嬉しいのは十分理解できます。しかし、皆が同じテンションで喜んで要るわけではないのです。ですので、可能なら、客観的なものの考え方ができる人にアドバイスを求めるのも良いかと思います。親などに少しアドバイスや知恵を求めると、賢くスマートな決定ができると感じました。

いつでも使えるアイテム

出産内祝いを贈るのであれば、やはり、相手に喜んでもらいたいと思うのは当然ですよね。もし、変なものを贈ったとしたら、後々、もらった相手は、あなたにではなく、他の人に「こんなものもらったんだよね」なんて言ったりすることもよくあるので、それなら、やはり喜ばれるものを贈りたいですよね。そこで、一番無難な出産内祝いとしておすすめなのが、ベビー服です。
とはいっても、新生児用サイズの物なんて、すぐに使えなくなってしまいますから(贈っても問題ありません)、大体3ヶ月以降のものを贈るのが良いでしょう。1歳用の物を贈っても全く問題ありません。結局、赤ちゃんは、とにかく毎度毎度服が汚れるので、何着服があっても困りません。
特に、すぐに保育園に通うことになる子は、着替えが必要になりますから、もらって喜ばれる出産内祝いとなります。おくるみも喜ばれます。最近では、オーガニックコットンなどを用いたおくるみがあり、そういった素材は、オールタイプの赤ちゃんに使える、肌に優しいものが多くあります。お出かけの時やお昼寝の時にも使えるアイテムで、邪魔にならなず、毎日使えるのでもあるので、出産内祝いにはぴったりですし、喜ばれるアイテムです。

LIST

CALENDAR

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

UPDATE INFORMATION

変な物を買わないように

周りのアドバイスを参考にする 出産内祝いを送ろうと思う方は多いと思います。出産後に決める方もいれば、出産前…

もっと読む

出産内祝いを送る時の心

出産内祝いで人気の商品とは 出産内祝いで何を選べばいいのか迷ってしまう人も多いと言えます。何しろ種類が多い…

もっと読む

喜ばれる祝い品を探す

ベビー用品をリサーチ 出産内祝いの相場ですが、友人知人ならば1万円程度かと思います。赤ちゃん用の洋服やベッ…

もっと読む

お祝い品を選ぶポイント

誰でもすぐに使えるお品 出産するとお祝いを色々な方からいただくかと思いますが、始めての経験の場合はわからな…

もっと読む